インターナショナルセンター

留学生がそば打ちを体験しました

令和3年7月3日(土)、留学生15名が「越前そばの里」(越前市)を訪れ、そば打ちを体験しました。最初に施設の方からそば打ちの流れを習った後、それぞれ初めての体験に挑みました。留学生たちはそばを形よく伸ばすことに悪戦苦闘しながらも、最後は上手に仕上げていました。
その後、打ち立て・ゆで立てのそばをみんなで食べながら、満足そうな笑顔を見せていました。
参加した留学生たちは、
「そば打ちがこんなに難しいとは思わなかった。でも、福井の文化を体験できて楽しかった!」
「自分で打ったそばは最高においしかった!」
などと感想を語っていました。




お問い合わせ先

担当
:インターナショナルセンター

新着ニュース