インターナショナルセンター

若狭町のボランティア活動に参加しました

6月12日(土)、インターナショナルクラブのメンバー9人が若狭町で開催された「みんなで環境美化!海域公園クリーンアップ」に参加し、海岸線のごみ拾いを行いました。
最初に、福井県海浜自然センターの職員から海洋生物保護の重要性などについて講座を受けた後、約2時間かけて食見(しきみ)海岸に流れ着いた発泡スチロールやペットボトル、プラスチックごみなどを収集しました。
男子留学生たちが砂浜に埋まったナイロン製ロープを汗だくになりながらスコップで掘り起こしたときには、センター職員や他のボランティア参加者からも大きな歓声と拍手が沸き起こりました。
かき集めたごみはリヤカー1台分にもなり、その後、全員で分別作業を行いました。
参加した留学生たちは、
「疲れたけど達成感が半端ない。参加して良かった」
「地元の参加者と一緒に気持ちいい汗を流すことができた。来年も参加したい」
などと充実感を漂わせていました。
国際交流課では、これからも様々な「学びの機会」を留学生たちに提供していきたいと思っています。





お問い合わせ先

担当
:インターナショナルセンター

新着ニュース