AI&IoTセンター

福井工業大学AI&IoTセンター主催オンラインシンポジウムを開催いたしました

 令和4年3月14日(月)14:30から、福井工業大学AI&IoTセンター主催オンラインシンポジウム「医工連携と産業DX」を開催しました。

 本シンポジウムでは、大阪・関西万博 テーマ事業プロデューサーでロボット学の世界的第一人者の石黒浩氏、コンピュータシミュレーションと数理モデルで抗がん剤の副作用予測を実現した富山大学附属病院 医療情報・経営戦略部(データサイエンスセンター)の部長を務める髙岡裕氏、ソニー・日本・世界のAIを先導する北野宏明氏を招待講演としてお招きしました。

また当センターからは、当センターにおけるAI・データ分析・アバター活用の取り組みについて芥子育雄センター長から、深層学習を用いた医用画像解析の取り組みについて当センターの木森義隆教授から、そして集積エレクトロニクスによる視覚の再建と創発について当センターの八木哲也教授が講演を行いました。

本シンポジウムはオンラインでの開催ということもあり、学内外から約120名の方にご参加いただきました。ご参加いただいた皆様ありがとうございました!


シンポジウム案内


左:福井工業大学 掛下知行学長/右:石黒宏氏

北野宏明氏、髙岡裕氏、芥子センター長、木森教授によるディスカッションの様子


お問い合わせ先

担当
:社会連携推進課

新着ニュース