熱中時間

FUTの人たちの最高の
時間をインタビュー
FUTの人たちはなぜ熱中しているのか。熱中するものだけが感じられる最高の時間とは何か、に密着する。

No.21
産業ビジネス学科2年
中村 千夏
theme:学生プロジェクト

中学・高校とバスケットボールに打ち込んできた産業ビジネス学科の中村千夏さん。大学では何か新しいことに挑戦してみたいと、「スポーツ」「地域」などをキーワードにした『福井地域活性化プロジェクト』に参加。初めての経験を経て、今まで感じたことのない充実感、新たな意欲を感じ、将来への夢へ可能性を掴もうとしている。

新しいことにチャレンジしたい


「大学に入るまでは部活一筋の生活。大学生になったら、何か新しいことにチャレンジしたいと思っていました」と話す中村さん。中学、高校とバスケットボール部に所属。放課後と土・日は練習と試合で遊ぶ暇もないほどバスケに打ち込む日々だった。将来はスポーツに関わる仕事に就きたいと選んだのが福井工業大学の産業ビジネス学科だった。入学後も大好きなバスケは続けているが、部活ではなくサークル活動のため高校ほどハードな練習はない。大学生活の最初は余裕さえ感じられた。
その後間もなく、産業ビジネス学科の先生から勧められたのが『福井地域活性化プロジェクト』だった。「以前からボランティア活動などに興味があって、機会があれば何らかのかたちで関わってみたいと思っていました」。 初めてのプロジェクトに思い切って参加することにした。

初めてのプロジェクトは戸惑いの連続


『福井地域活性化プロジェクト』はチームや自治体、他大学とも連携を取りながら、福井の地域活動に貢献、地域を活性化していくことが狙いだ。彼女が参加したプロジェクトは2つ。
一つ目がサウルコス福井での活動支援。学生は会場設営やグッズ販売、応援に来てくれたサポーターの人たちに、いかに楽しんでいってもらうか、そのアイデアを実行していくことを任された。中村さんが何より戸惑ったのが応援サポートだった。「実はサッカーのことは何も知らなくって…。もちろんルールも知りません。バスケと違ってなかなか点数が入らない試合で、どう応援をサポートしていいのかまるっきりわかりませんでした」。初めてのスタッフ経験、ルールを知らないサッカー観戦での応援など、慣れないことに尻込みしてしまうこともあったという。「最初はなかなか積極的になれませんでした」。思うように動き回ることができず、終了後は反省点ばかりが頭に浮かんだ。
「試合を支えるために大勢のスタッフが関わっていて、それぞれに責任を持って仕事をしている。自分もスタッフの一人としてこのままではいけない」と、自分に何ができるかをメンバーや先生たちと一緒に考え、次からは自ら観客に声をかけるなど大会を盛り上げようと積極的な姿勢で取り組んだ。「予備知識も経験もなく大変な思いもしましたが、社会での貴重な勉強の場でした」。

プロジェクトをやり遂げる充実感


もう一つは、越前市の地域活性化事業の一環として大学生対象に公募された学生地域貢献事業「学生まちづくりコンペティション」への参加だった。福井工業大学チームが提案したのは『若者の定住化意識と親子関係調査』。「最初は地域でのイベント開催を考えましたが、いろいろ考えた結果、将来若い人たちが越前市に住んでもらうためには、親子関係が重要なんじゃないかと考えました。そこで、現在子どもたちがどのような親子関係を築いているか、将来両親と一緒に住みたいかなどを調査することにしました」。越前市内の小学校の児童と保護者にアンケートを実施したところ、その結果は驚くべきものだったという。将来親と住みたいと答えた児童の数が思いのほか少なかったのだ。


「親と何かをしたいかという問いにも、特になしという答えが多数。子どもの頃から親子関係が良好でないと、将来の同居につながらないということが浮き彫りになりました。この子たちが中学、高校と進めば、もっと同居したくないという子が増えるんじゃないでしょうか。今の子どもたちは自立心があってすごくしっかりしているけど、その反面、親や地元に対する思いはすごくクールな感じ、というのが印象的でした」。
アンケート調査をまとめグラフ化し報告書を作成、市の担当者への事業発表会も経験した。「すごく緊張しました。いいたいことを簡潔にわかりやすく相手に伝えるのはすごく大変。苦労しましたが、大学の講義だけではなかなか経験できないこと。貴重な体験でした」。
この発表で「優秀賞」を受賞。やり遂げた充実感でいっぱいになった。

将来のプラスになることに取り組みたい


講義以外の実践的な現場でスキルを磨くことは、これから社会に出て行くための貴重な経験になる。中村さんは、1年間『福井地域活性化プロジェクト』に関わったことで、自分自身が少しだけ成長できたことに楽しさを感じている。「もっといろんなことに挑戦したい、経験してみたい気持ちが強くなりました。スポーツが大好きなので、できればスポーツ関連のイベントやボランティアに参加してみたい」。
将来はスポーツに関わる仕事がしたいと漠然と考えていた。ただ、最近はもう少し踏み込んで将来を考えるようになってきた。「人に喜んでもらえることが嬉しくなってきました。今まではプレーヤーでしたが、裏方の仕事を経験したことで、支援する側としてどんなことができるか、すごく興味が沸いてきました」。
夢のプラスになることに意欲的に取り組み始めた中村さん。様々な経験を経て、将来への新しい可能性を見つけていくに違いない。



学年学科名等は、取材時のものです。