環境・食品科学科

カビ毒汚染を防御し穀物を安全に食べよう!!アフラトキシンの研究。矢部研究室

環境情報学部 環境食品応用化学科*名称変更予定 矢部研究室


 世界の穀物の4分の1がカビが原因で廃棄されている。人や動物に健康被害を与えるカビ毒汚染もその大きな原因の一つ。最強のカビ毒アフラトキシン(AF)の汚染防御を目指し、AF生合成機構およびAF汚染防御法の研究を実施中

ニュース 最新5

項目 Item
日付 Date
タイトル Title etc.
出版社 Publisher/開催場所 Place
参加学生 Students/対象 Targets
論文
2018
Improvement of the Culture Medium for the Dichlorvos-Ammonia (DV-AM) Method to Selectively Detect Aflatoxigenic Fungi in Soil
Toxins 10巻 519項
Kimiko Yabe、Haruna Ozaki、Takuya Maruyama、Keisuke Hayashi、Yuki Matto、Marika Ishizaka、Takeru Makita、Syun-ya Noma、Kousuke Fujiwara、Masayo Kushiro
論文
2018
Detection of Aflatoxigenic and Atoxigenic Mexican Aspergillus Strains by the Dichlorvos–Ammonia (DV–AM) Method
Toxins 10巻 263項
Masayo Kushiro、 Hidemi Hatabayashi、 Kimiko Yabe、Alexander Loladze
論文
2018
Isolation of minor aflatoxigenic fungi using dichlorvos-ammonia (DV-AM) method
JSM mycotoxins 68巻 13-18項
Masayo Kushiro、 Hidemi Hatabayashi、 Hiroyuki Nakagawa、 Kimiko Yabe
論文
2017
Mycotoxins 58巻 85-94項
Masayo Kushiro、Hidemi Hatabayashi、Yashi Zheng、Kimiko Yabe
学会誌
2017
JSM Mycotoxins 67巻 5-6項
Masayo Kushiro、Hidemi Hatabayashi、Hiroyuki Nakagawa、Kimiko Yabe
WMFmeetsIUPAC(世界マイコトキシンフォーラム第9回会議及び第14回IUPAC国際シンポジウムジョイントミーティング


研究テーマ

  • カビ毒アフラトキシンの生産機構および防御

 カビ毒AFは安定な物質であるため、無毒化をねらうより、生産段階を抑えることが最も効果的


★食品がカビ毒に汚染されるまでの工程


コウジカビ(左)と アフラトキシン生産菌(右)



研究室学生構成 2018.5月時点

構成メンバー人数
卒業研究生5名

環境情報学部 環境・食品科学科 研究室紹介リスト


いままでの業績

項目 Item
日付 Date
タイトル Title etc.
出版社 Publisher/開催場所 Place
参加学生 Students/対象 Targets
研究紀要
2017
福井工業大学研究紀要 47号 122-128項
矢部希見子 教授、村岸真帆(学部学生)、笠井利浩 教授
学会
2016.6.6-9
WMFmeetsIUPAC(世界マイコトキシンフォーラム第9回会議及び第14回IUPAC国際シンポジウムジョイントミーティング
The RBC Convention Centre Winnipeg(カナダ ウイニペッグ)
招待講演
模擬実験等
2016.3.17
模擬講義&実験等(環境・バイオ)
福井県立福井農林高等学校
高校生
模擬実験等
2015.11.13
模擬講義&実験等(理学)
兵庫県立網干高等学校
高校生
論文
2015.8.25
Development of the dichlorvos-ammonia (DV-AM) method for the visual detection of aflatoxigenic fungi
Applied Microbiology and Biotechnology
模擬実験等
2015.7.10
模擬講義&実験(環境・食品・生物・地学)
福井県立丹生高等学校
高校生

お問い合わせ先

担当
:環境・食品科学科

新着ニュース