FUT数理・データサイエンス・AI教育プログラム

FUT数理・データサイエンス・AI教育プログラムの概要・教育目標

FUT数理・データサイエンス・AI教育プログラムは、多様かつ急速な科学技術の変化に柔軟に対応し、地域社会の発展に寄与できるように、数理・データサイエンス・AIの各分野に対する基礎知識を備えた実践的な技術者の育成を目的としています。
学生の数理・データサイエンス・AIへの関心を高め、かつ、数理・データサイエンス・AIに関する知識が実生活や社会の課題を解決するのに有用であることを理解し、それを活用する基礎的な能力を育むことを目的として、数理・データサイエンス・AIに関する基礎的な能力の向上を図る機会の拡大に資することを教育目標としています。

FUT数理・データサイエンス・AI教育プログラムにより学生が身に付けられる能力等

1.自然の法則やそれらを応用して生み出された科学技術と、自身の実生活との間に接点を発見できる。

2.様々な分野の話題を聴講することにより、自身の専門分野との関連性を認識できる。

3.大学生活を通じて修得する専門知識を将来「何に」役立てるのかを自分なりに明示できる。

4.「数理」、「データサイエンス」、「AI」等が対象とするデータやデータが活用される領域が非常に広範囲であること、また、実生活や社会の課題を解決するのに有用であることを察知できる。

修了要件

下記に示す授業科目を修得し、本校の卒業認定に必要な単位を修得した学生は、卒業と同時に本教育プログラム(リテラシーレベル)修了者として認定されます。授業科目横のPDFをクリックすると授業内容を見ることができます。

対象学部・学科

工学部 電気電子工学科・機械工学科・建築土木工学科・原子力技術応用工学科
環境情報学部 環境食品応用化学科・経営情報学科・デザイン学科
スポーツ健康科学部 スポーツ健康科学科

学年

1年次(2021年度入学以降)

授業科目

教育プログラムの取り組み概要図

FUT数理・データサイエンス・AI教育プログラムの概要

プログラムの実施体制

プログラムの運営・改善については教務委員会が行っており、自己点検・評価は、教学IR委員会にて行っております。

プロブラムの自己点検・評価

本教育プログラムの内容については、検証(自己点検・評価)をしながら、改善をしています。詳細については、以下のPDFをご覧ください。

申請書

(現在準備中)