ウェルネス&スポーツサイエンスセンター

「子どもの体力・運動能力評価事業の活動サポート」を実施しました【ウェルネス&スポーツサイエンスセンター】

スポーツ健康科学部スポーツ健康科学科 野口雄慶 教授が、11月13日(日)にあわら市の子ども向け運動教室「ゲンキキッズステーションASOVIVA」(代表:長田康秀(長田接骨院院長))からの依頼で、本学あわらキャンパス体育館にて「あわら市および近郊地域の子どもの体力・運動能力評価事業の活動サポート」を実施しました。幼児から小・中学生までの78名を対象とし、測定にはスポーツ健康科学科の3年生4名もサポートとして参加しました。また、測定後には結果の見方や今後の運動のポイントについて説明しました。

※ウェルネス&スポーツサイエンスセンターの特設ホームページは こちら



お問い合わせ先

担当
:社会連携推進課

新着ニュース