原子力技術応用工学科

文部科学省補助事業2020年度 本学学生と原子力シニア(本学元教員)とのオンライン対話会を開催しました

2021年1月13日、本学学生と本学元教員のオンライン対話会を開催いたしました。参加いただいた原子力シニアは、岩本元福井工業大学教授を始め計8名でした。この対話会の目的は「習得した知識の実践的活用」です。
この対話会に先立ち、2020年10月2日から11月20日の間に計8回「高レベル放射性廃棄物処理・処分」について学びました。その後、原子力シニアに説明するプレゼンテーション資料を作成し、当日の発表を行いました。
参加していただいた先生方からは、「基本的な学習を行い発表しており、良い印象でした。」「現状を良く調査していると思いました。調べた資料をまとめるだけではなく、疑問に思うことや一番興味のあることを掘り下げて調査してもらえると良いと思います。」「学生諸君の発表では高レベル放射性廃棄物の処理方法や世界各国の処理対策のアプローチや現状についても調べられており、現状技術では不可避な地層処分の候補地決定等の課題についてもよくわかる形で纏められていたと思います。」「学生さんも大変だろうが、例えば、ガラス固化体や地質の特徴など処分に占める要素技術についても理解することが必要かと思います。」などのコメントをいただいた。
参加した学生からは、「原子力シニアの方々に向けての発表会は、いい経験になった」「非常に興味深かったので、今後も続けて行ってほしい」「高レベル放射性廃棄物のことをたくさん知りましたが、それを他人に伝えることができてとても良かった。」などの感想がありました。


お問い合わせ先

担当
:原子力技術応用工学科

新着ニュース