お知らせ

小原ECOプロジェクト 「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」第7回優良事例に選定

内閣官房および農林水産省は、農山漁村活性化の優良事例を「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」として選定し、全国へ発信しています。この度、建築土木工学科多米淑人教授らが中心となって活動している「小原ECOプロジェクト」が、第7回優良事例の一つとして選定されました。


(写真:作業に励む学生らの姿)


「小原ECOプロジェクト」は、廃村の危機に瀕した勝山市山間部の小原集落でふるさと再生に長年取り組んできたもので、プロジェクトで行なっている古民家修復は、学生たちへの「実践を通した学びの場」にもなっています。


(写真:K家住宅(改修前))


本プロジェクトは2015年度に「ふるさとづくり大賞(内閣総理大臣賞)」、2016年度に「第七回地域再生大賞 東海・北陸ブロック賞」、2017年度に「福井元気ふるさとづくり活動賞 最優秀賞」、2019年度に「北陸建築文化賞(業績)」などを受賞しており、今回の選定はそれらに続く快挙となります。


(写真:K家住宅(改修後))


お問い合わせ先

担当
:建築土木工学科

新着ニュース