お知らせ

小松市立高等学校 来校

10月15日(火)に、小松市立高等学校1年生27名が来校されました。

本学の概要説明を行いました。
その後3班に分かれ、機械工学科・経営情報学科・スポーツ健康科学科のいずれか2学科の授業を体験しました。
学園レストランにて昼食後、午後からはキャンパスツアーを行い、
インターナショナルセンターやキャリアセンターなど大学の施設を見学しました。

生徒さんからは、

「経済と経営の違いがわかった」
「体験授業が分かりやすくておもしろかった」
「株式について詳しくなった」
「スポーツ科は運動だけできればいいと思っていたけど、数学や物理も必要ということがわかったのでよかったです」
「個別に教えてくれたり、自習スペースがあったりするのがいいなと思った」
「英語を中心とした授業展開で、将来のために活かせるような授業がいいと思いました」
「大学は自由なことがたくさんあって、楽しそうだと思いました」
「短い時間でも英語をたくさん学べることや楽しいという福井工業大学の魅力を知ることができました」
「英語の日常会話を充実した環境で身につけられて、魅力を感じました」
「先生との距離がとても近くて良かったです」
「大学の雰囲気を十分に味わえたので、大学見学に来て良かったなと思いました」
「同じ大学でも学科によって学ぶことが全く違うことが改めてわかった」
「これからの将来、外人さんと会話をする機会がたくさんあると思うので、いろんな国の人とお話しできる環境がいいなと思いました」
「工業大学ということで機械などの工業系しかないと思っていましたが、スポーツや経営まで学習していて、たくさんの幅広い資格を取ることができると聞いて、職業選択に充実していると感じました」
「金属の性質を理解するために、様々な機械があって驚きました」
「理学療法の仕事に興味があり、理学商法についてだけを調べていましたが、スポーツ健康科学科を見学した際に、こういう選択肢があるんだと思い、新しい選択が広がり、良い経験になりました」等、

感想を頂きました。



お問い合わせ先

担当
:入試広報課

新着ニュース