お知らせ

環境情報学部環境・食品科学科 柏山祐一郎教授ら国際研究チームの研究成果が国際誌「The ISME Journal」に掲載されました。

 この度、福井工業大学(学長:掛下知行)と独立行政法人国立科学博物館(館長:林良博)などが中心となる国際研究チームにより、動物や植物などの共通祖先(真核生物の共通祖先)は地球の生態系を支える光合成で使われるクロロフィルを安全に食べられるように進化した生物だったことが明らかになりました。
 本研究の成果は令和元年7月16日付でスプリンガー・ネイチャーから刊行される微生物生態学分野の国際誌『The ISME Journal』に公開されました。

◆掲載論文◆

【題 名】Taming chlorophylls by early eukaryotes underpinned algal interactions and the diversification of the eukaryotes on the oxygenated Earth

【掲載誌】The ISME Journal  doi: 10.1038/s41396-019-0377-0

詳細については、リンク先を参照ください。
(本件についてのプレスリリース資料にジャンプします)


お問い合わせ先

担当
:社会連携推進課

新着ニュース