受賞・成果

経営情報学科 ビジネスプランコンテスト(HIT2019)で入賞!

2019年11月14日(木)、「日本ビジネスデザイン全国発見&発表会(テレコムサービス協会ICTビジネス研究会主催)」等の予選会を兼ねた「HIT(Hokuriku Innovation Trial)2019」が福井県県民ホール(AOOSA8階)にて開催され、環境情報学部経営情報学科の学生有志チーム「Little Dinosaur-K(代表:同学科3年 三上真穂さん)」のプランが「ICTシビックプライド賞」に選ばれました。同大会における本学科学生の入賞は、今回が初となります。

今回提案したテーマは「地域住民による勝山市の魅力発信」。福井県嶺北地方の勝山市を舞台に、地域住民が主体となって、コストをかけずに、地域の魅力発信を行うという内容です。チーム「Little Dinosaur-K」は、「地域住民、特に高齢者の方の地域に関する知識は勝山市以外の人たちにも魅力的に感じてもらえる」というメンバーの確信を基に、本プランの主役である高齢者の方が、スマートフォンやタブレット、SNS等の技術サポートを受けつつ、地域の情報発信を積極的に行っていくことを企画しました。

情報通信技術(ICT)を活用した高齢者主役の情報発信に加え、勝山市に対するチームの想いが「シビックプライド(市民の誇り)」という名を冠する賞の受賞につながったものと思われます。

チーム「Little Dinosaur-K」のメンバーや彼らの後輩たちが、今後、地域活性化の担い手として大いに活躍することを期待しています。




お問い合わせ先

担当
:経営情報学科

新着ニュース