未来塾 FUT公開講座

【レポート】未来塾FUT公開講座(経営情報学科主催)「地方創生 福井からの挑戦 -福井をうごかす 日本をうごかす-」を開催しました

 2019年11月23日(土・祝)、環境情報学部 経営情報学科が幹事となりました公開講座「地方創生 福井からの挑戦 -福井をうごかす 日本をうごかす-」が開催されました。
 
 第一部では、衆議院議員 自由民主党 政務調査会長の岸田 文雄 様より「令和の時代の地方創生について」の題目で基調講演をしていただきました。講演の中で、これからの時代における、国際社会や日本の変化の中で地方のあり方についてお話し下さり、我が国の政治を先導し続けて来られましたご経験とご見識をもとに示唆に富む内容でした。とりわけ、今後の地方創生に当たり個性や多様性が尊重されるような社会を目指さなければ未来をつくることはできないとのことでした。そして、人とのつながりが機能し、さらに一人一人が幸せを感じることができるような地域をめざし、福井独自の地方創生を進めることが重要であるとのご講演でした。
 
 第二部では、本学経営情報学科の吉田 友美 准教授より「福井における観光地の経済効果」と近藤 智士 准教授より「ヒト・モノの動きから見た福井の地域経済」についてそれぞれ最新の研究事例が発表され、さらに近藤研究室の4年生の奥村 星哉 君と数井 航平 君がそれぞれ地域振興について発表しました。
 
 第三部では、吉田 准教授を座長に岸田 様、近藤 准教授、吉田研究室の4年生 國定 浩成 君、発表に引き続き数井 航平 君らによりパネルディスカッションが開催されました。学生からは福井県の良い点や課題、新幹線開業を大いに期待していることなどのコメントがありました。岸田 様からは福井は外国人旅行者を受け入れることで地方創生につなげる力がある。敦賀までの新幹線延伸を地域振興に活かして欲しいとの力強いお言葉をいただきました。

 当日は、学内外より400名を超える方々に公開講座に参加していただきました。公開講座へお越しくださいました皆様ありがとうございました。



お問い合わせ先

担当
:社会連携推進課

新着ニュース