インターナショナルセンター

海外留学支援制度 Seize the day成果報告会を実施しました

2019年8~9月の夏季休業中に、本学の海外留学支援制度 Seize the dayを利用し、海外でのボランティア活動に挑戦した学生3名の成果報告会を実施しました。
学生達は、留学を志した動機、なぜその国を選択したのか、ボランティア活動の内容説明、研修を通して自身が成長したこと等について報告をしました。また、今回の留学を通過点とし、帰国してから取り組んでいることや今後の目標もあげられました。
質疑応答では、掛下学長をはじめ、聴講された先生方より、英語力向上についての取り組みやボランティア活動を共にした世界各国の人々との交流について質問が寄せられました。また、これまでに本制度を利用し海外留学を経験した学生やこれから本制度を利用し海外留学を目指す学生も参加し、積極的な質問がありました。

Seize the dayとは、
留学を志す学生がその留学内容を大学に申請し、認められれば留学にかかる費用の一部について大学が支援する制度です。留学先や参加するプログラムは学生自身が決定し、それに係る手配等も全て学生が行います。語学研修・海外ボランティア・ワーキングホリデーなど様々な留学内容に対応しています。(本学主催のプログラムは対象外)

報告を行った学生3名の留学先ならびに渡航目的は下記の通り
・カンボジア シェムリアップ 
  英語力の向上、現地ボランティアが運営している学校の環境整備と小学生クラスの英語レッスン
 ・フランス ルマン
  英語力の向上、現地若者へのヒヤリング調査、ヒヤリング調査結果の分析と市制や市民への提案
 ・アイスランド ソールスヘブン
  英語力の向上、漁村集落の実情理解、日本との都市計画違いの考察、海岸清掃や道路整備


成果報告会の様子

成果報告会の様子

成果報告会の様子

留学先:カンボジア

現地校での英語レッスン

ボランティアスタッフと

留学先:フランス

若者へのヒヤリング

ボランティア仲間と

留学先:アイスランド

海岸清掃

ボランティア仲間と


お問い合わせ先

担当
:インターナショナルセンター

新着ニュース