社会貢献

伊自良祭りにデザイン学科が参加

デザイン学科が2010年より毎年さまざまな活動を行って村を盛り上げている福井市美山上味見地区で、本学デザイン学科の2,3,4年生及び大学院デザイン学コースの大学院生たちが、10月15日に行われた伊自良祭りに参加しました。
2、3年生は環境情報学演習の一環として、前日から行われた祭りの設営や当日の屋台運営の補助、オープニングセレモニーでは上味見をテーマとした寸劇への参加など、様々な面からサポート。4年生は仁井田くんによる伊自良の館のインスタレーションアートの展示を中心に、オープニングセレモニー用の小道具制作などを行いました。

大学院生は祭りの出店者としてエコバッグのワークショップを出店した他、祭りの撮影・記録、地元住民と学生との調整など、単に祭りの手伝いだけでなく学部生へのサポートも行いました。
また、留学中の学生も参加し、和服を来てオープニングセレモニーに登場した他、屋台の手伝いを積極的に行うなど日本文化を大いに体験しました。
デザイン学科では、今後もさまざまな企画を用意して上味見を盛り上げていく予定です。



お問い合わせ先

担当
:デザイン学科

新着ニュース