お知らせ

経営情報学科 藤原明広 准教授の論文が国際会議でBest Paper Awardに選ばれました。

 本学経営情報学科 藤原明広 准教授が,平成26年7月21~25日にスウェーデンのヴェステロースで開催された国際会議「The 38th Annual International Computers, Software & Applications Conference (IEEE COMPSAC2014)」に参加し,本会議において研究成果の口頭発表を行いました.またこの会期中に,関西学院大学の巳波弘佳教授と共著で投稿した発表論文(Akihiro Fujihara and Hiroyoshi Miwa, “Homesick Lévy Walk: A Mobility Model having Ichi-go Ichi-e and Scale-Free Properties of Human Encounters”)が,COMPSAC2014のBest Paper Awardに選ばれ,賞状を授与されました.受賞した研究論文は,人間同士の遭遇頻度に関する長期間の実験から得られたデータを解析することで明らかになった二つの基本的な統計則(1. 人間同士のすれちがいの大多数は一期一会である(実験期間中に一度しか機会がない), 2. 人間同士のすれちがい頻度分布はベキ乗則に従う(すれちがい頻度には人によって非常に大きな格差が存在する))を再現する最も単純な移動モデルとしてHomesick Lévy Walkを提案し,その数値実験や理論について調べた成果について発表したものです.この移動モデルは,人間同士のすれちがいの機会を利用して近距離無線通信することで情報転送する遅延耐性ネットワーク(Delay Tolerant Network)やモバイル日和見型ネットワーク(Mobile Opportunistic Network)の分野における通信の性能評価を行うための大規模数値実験への活用が期待できます.



お問い合わせ先

担当
:社会連携推進課

新着ニュース