CCRC

日本プロテオーム学会賞受賞!環境情報学部 環境食品応用化学科 小松節子 教授

 本学環境情報学部 環境食品応用化学科 小松節子 教授が「農学プロテオミクスの展開と環境ストレス耐性作物作出への応用」で、日本プロテオーム学会の2021年度学会賞を受賞しました。

 同学会賞は、プロテオミクス分野での業績が顕著で、同学会発展に貢献が認められる研究者に対して授与される賞です。小松教授の30年以上に亘る農学プロテオミクス分野の発展への貢献と国内外をリードする活動が高く評価され受賞しました。

 なお、授賞式および受賞講演は、令和3年7月19日から21日までの期間で開催される「日本プロテオーム学会2021年大会オンライン」にて行われる予定です。


お問い合わせ先

担当
:社会連携推進課

新着ニュース