お知らせ

次世代農業研究会で技術発表

 産官学が連携して農作業の省力化や農作物の生産性向上を目指す「工業技術を活用した次世代農業研究会」の第3回目の会合が3月16日に福井工業大学で開催されました。
 その中で、電気電子工学科の青山隆司先生から「リモートセンシング技術の農業利用」と題して発表がありました。内容は小型衛星や無人ヘリにセンサーを搭載して水田を上空から撮影し、その画像を解析して稲の生育状態に合わせて適切に肥料を与える等により、米の味を美味しく生産量を増やしコストを下げるというものです。福井工業大学のあわらキャンパスには全国的にも貴重な10m級のパラボラアンテナがあり、衛星を利用したリモートセンシングの研究を行ってきました。農業利用はその成果のひとつとして大きな期待が寄せられています。
 また、株式会社シマノの嶋野社長から「水田用小型除草ロボットの開発計画」と題して株式会社シマノと電気電子工学科の西田好宏先生が共同で開発している除草ロボット「TAMBA」について発表がありました。



お問い合わせ先

担当
:電気電子工学科

新着ニュース