お知らせ

福井県立若狭東高等学校来学

2月5日(水)、福井県立若狭東高等学校1年生の27名が来学されました。
本学の概要や特色について説明後、機械工学科と電気電子工学科の授業を体験しました。
授業体験後には、キャリアセンターと英会話カフェがひらかれるStudyラウンジへキャンパスツアーを行い、
実際にSPECの教員より英語と日本語の発音の違いを手拍子を加え教わりました。

生徒さんからは、

「今日、印象に残ったのは車の整備についてです。車を完成させるまでにネジでしっかり固定したり時間のかかる作業があったので大変だと思いました。」

「車の中にはエンジンだけでなく、水をだす機械や冷やす機械があって興味深かったです。2年したら車の免許をとるので、今日学んだことを生かしたいです。」

「若狭東では車のエンジンは、1つ2つしかないが、福井工業大学では車自体が4台あることに驚いた。これだけあれば構造から、バラし方や組み立て方、使い方までしっかり分かるようになれるのだろうと感じた。将来についてまだ決めてないが、機会があったらまた見に来たい。」

「電気電子工学科では、海の温度を衛星をつかって調べたのが楽しく感じました。」

「高校とちがって、広くて、自由なところがいっぱいありました。自分は英語を学びたいと思っているので、もし福井工大にきたら14人の外国の先生がいるそうなのでいっぱい学びたいです。」

「英会話の話の中で、日本と外国で発音のリズムの違いについての説明がとても分かりやすく、とても興味をわきました。」

「大学は自分が学びたい事を学習して知識を高める所なんだと思いました。」

「楽しくて分かりやすく大学の事を知る事ができました。実際体験を通して興味、関心を持つことができ、少しでも今後に生かす事ができそうです。」など


感想をいただきました。





お問い合わせ先

担当
:入試広報課

新着ニュース