未来塾 FUT公開講座

未来塾FUT公開講座「バイオテクノロジーの歴史と未来」を開催しました

12月12日(土)、環境情報学部 環境食品応用化学科の小松節子教授による公開講座「バイオテクノロジーの歴史と未来」が開催され、9名の方に受講いただきました。
講座では、ソメイヨシノを例に、「接ぎ木」が昔から行われてきたクローン技術の一つであることに触れ、バイオテクノロジーの身近さを説明しました。また、作物に関するバイオテクノロジーである、「交配」、「品種改良」、「細胞融合」の違いについても説明し、これからの作物開発における可能性についても言及しました。
参加してくださった皆様、ありがとうございました。



お問い合わせ先

担当
:社会連携推進課

新着ニュース