科学実験キャラバン

夏休み企画「オンラインコテトラワークショップ」を開催しました

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため対面での科学実験キャラバンが実施できない中、夏休み中の子どもたちに楽しみ・学びのきっかけを提供しようと、8月8日(土)、科学実験キャラバン初の試みとなるオンラインイベント「オンラインコテトラワークショップ」を開催いたしました。
工学部建築土木工学科の清水俊貴准教授が講師となり、ストローとゼムクリップを使って立体図形、正二十面体づくりに挑戦しました。
事前に材料となるストロー、ゼムクリップ等を、受講者様のご自宅に郵送しておき、当日はテレビ会議システムを使用し、遠隔での作成指導を行いました。
最初は簡単な正四面体から始まり、最終的には、大きくて複雑な正二十面体を完成させることができました。パソコンの画面を通してではありますが、「できた!」の声をたくさん聞くことができ、こちらも大変嬉しく思いました。初めての試みということもあり、テレビ会議システムの接続などでトラブルはありましたが、受講後のアンケートでは、概ね満足いただけたようで、「楽しく参加できた」「子どもにとっていい勉強になった」とのうれしい感想もいただくことができました。
参加してくださった皆様、誠にありがとうございました。





お問い合わせ先

担当
:社会連携推進課

新着ニュース