ふくいPHOENIXプロジェクト

“ふくいPHOENIXプロジェクト”シンポジウムを開催しました

 平成28年度文部科学省私立大学研究ブランディング事業採択の「『宇宙』事業推進のために地域と協働する“ふくいPHOENIXプロジェクト”」が今年度、最終年度を迎えるにあたり、4年間の研究成果を報告するシンポジウムを、2月15日(土)セーレンプラネットのドームシアター(福井市自然史博物館分館/福井市:ハピリン5階)にて開催し、140名を超える方々にご参加いただきました。
 開催に先立ち、本学学長 掛下知行の挨拶ののち、文部科学省高等教育局私学部私学助成課、内閣府宇宙開発戦略推進事務局、福井県産業労働部よりお招きしたご来賓の皆様より、ご祝辞をいただきました。
シンポジウムでは、プロジェクトリーダーの池田副学長より、本プロジェクトの全体概要説明の後『宇宙研究』、『観光文化研究』、『地域振興研究』の研究成果をそれぞれの代表者が報告しました。
 また、本プロジェクト事業終了後は、研究活動で取り組んできた多くが本学のAI&IoTセンターや、後継のプロジェクトに引き継がれることが発表されました。
 続いてシンポジウムの開催を記念し、アレックス株式会社 代表取締役社長兼CEO 辻野 晃一郎 氏(元グーグル日本法人代表取締役社長)をお招きした特別講演や、辻野氏、本プロジェクトメンバー、「宇宙女子」としてご活躍の黒田 有彩さんを交えたトークセッションを実施しました。
 ご参加者の方々からは「福井と宇宙の関わりがこれほどあるとは思いもしなかった」との驚きの声など、本プロジェクトの研究活動により宇宙への関心を抱いて下さった方が多くいらっしゃいました。
 最後に、本プロジェクト活動に際し、ご協力、ご支援をいただいた関係の皆様、本当にありがとうございました。





お問い合わせ先

担当
:社会連携推進課

新着ニュース