インターナショナルセンター

タイ王国アネック高等教育等大臣一行が福井工業大学を訪問されました

令和 4年 5月12日(木)、タイ王国のアネック・ラオタマタット高等教育・科学・研究・イノベーション大臣以下28名が、連携協定締結などのため福井工業大学を訪問されました。
今回の訪問は、本学デザイン学科がタイ王国北部地方の大学等と昨年より共同研究を進めてきた「2021 Koyori Project」の成果を高く評価された同大臣が、「2022 Koyori Project」に対してデザイン学科の参画継続を期待して実現したものです。
大学2号館802教室で行われたセレモニーでは、掛下知行学長が「本学はタイにASEAN事務所を設置するなどタイ王国との交流を積極的に進めてきた中、これを契機に相互の関係が末永く続き、交流の輪が更に発展することを期待します」と挨拶しました。これを受けてアネック大臣は、「今回こうして福井工業大学でのMOU調印式に出席することができ、大変うれしく思います。皆様の温かい歓迎に心より感謝申し上げます」と述べられました。
その後、福井工業大学、ラジャマンガラ工科大学ランナー校、ランナー文化工芸協会による連携協定(MOU)の調印が行われました。
調印後、双方から記念品などの交換や全体での記念写真の撮影などが行われ、セレモニーは和やかなうちに終了しました。


学園・大学幹部やタイ人留学生が大臣一行を出迎えました

掛下学長の歓迎挨拶


アネック大臣のご挨拶

MOUへの調印


お問い合わせ先

担当
:インターナショナルセンター

新着ニュース