教育・研究情報

経営情報学科 授業内講演会「起業のリアル」開催

7月29日(木)に、環境情報学部経営情報学科が授業内講演会を開催し、県内企業の経営者より、「起業」についてお話を伺いました。

この講演会は、未来協働プラットフォームふくい推進事業(福井版PBL)に採択された事業(事業名称:「ECにおける顧客満足度向上のためのサービスサイエンス的手法の実践」)の一環で企画されたもので、県内での起業の実態を経営者の方から直接伺い、創業への関心を喚起することを目的としています。

今回は、株式会社akeru代表取締役の大連達揮氏をお招きし、現在従事されている仕事の内容の他、起業に至った経緯やその際の心境についてお話いただきました。また、講演中に寄せられた受講生からの質問にもていねいにお答えいただき、1時間半にわたる講演会は大変有意義なものとなりました。経営情報学科では、県内企業のご協力を得ながら、新たな学びの場の形成を試行しており、このような取り組みを通じて、今後も、地域振興に関与できる人材の育成を続けて参ります。



お問い合わせ先

担当
:経営情報学科

新着ニュース