福井のソラから、日本のミライを考える。

news

  • リアルタイム衛星画像公開
  • AI & IoTセンター
  • FUKUI PHOENIX PROJECT

message

掛下 知行

「ふくいPHOENIXハイパープロジェクト」始動
-月軌道までの衛星運用が可能な衛星地上局の構築-

令和2年度に、「ふくいPHOENIXハイパープロジェクト」を本学に構築し、「宇宙研究の発展」「地域振興の発展」「観光文化の発展」の3つの研究の新展開を図ることとしました。特に、JAXAとの共同研究により、今後重要となる月周回軌道衛星との通信を可能とする高性能な口径16.5mパラボラアンテナならびに宇宙産業に貢献する地球周回衛星との通信を可能とする口径3.7mのパラボナアンテナシステムの新規整備と性能実証を行います。このような規模と性能を有する衛星地上局は大学・民間では国内唯一であり、この地上局を世界の宇宙開発および宇宙産業に貢献する人材育成の拠点となることを目指します。

FPHP宇宙研究推進本部 本部長
学長 掛下 知行

池田 岳史

地域と共に取り組む新たな宇宙への挑戦

宇宙環境を利用した研究ブランドの確立を目指す福井工業大学が、2016年度より推進してきた文部科学省・私立大学研究ブランディング事業「ふくいPHOENIXプロジェクト」。
福井工業大学は、この事業を発展的に継承する取り組みとして、2020年度より「ふくいPHOENIXハイパープロジェクト」をスタートさせました。高性能な口径16.5mパラボラアンテナシステムの新設、JAXAとの共同研究など新たな取り組みが始まります。宇宙研究推進本部を中心に地域と共に取り組む宇宙への挑戦にご期待ください。

ふくいPHOENIXハイパープロジェクトリーダー
副学長 池田 岳史

ABOUT

「ふくいPHOENIXハイパープロジェクト」事業による地域への貢献

[背景]

福井工業大学では、あわらキャンパスにある高性能衛星地上局を活用して、2003年から本格的に衛星データ利用に関する研究を行ってきました。その衛星地上局としての活動は、2016年に「ふくいPHOENIXプロジェクト」として文部科学省・私立大学研究ブランディング事業に採択され、独自の超小型衛星「FUT-SAT」打ち上げによる新しい衛星データ利用の創出にもチャレンジしています。
衛星プロジェクトにおいて極めて重要なインフラである衛星地上局を核とした戦略は、自らの発想によって宇宙空間へ飛び出そうとする力の源泉となり得るものであり、福井工業大学の大きな特徴です。加えて、福井工業大学はSociety5.0の基盤となるデータ駆動型社会の到来を見据え、2019年に県内大学では唯一の「AI&IoTセンター」を設立しました。これにより、宇宙由来のデータを活用する基盤が整備され、「宇宙×ICT」による新しい価値の創造に取り組む準備が整いました。このような背景から、福井工業大学では今回新たに「宇宙研究推進本部」を設置し、「ふくいPHOENIXハイパープロジェクト」と銘打って、これまでの活動をさらに大きく展開していくこととしました。

[目的・実施内容]

近年、民間による宇宙開発が盛んになり、超小型衛星による地球周回軌道の利用は益々増加することが見込まれています。さらに、2024年には月を周回する宇宙ステーションの稼働が計画されており、民間による宇宙開発は地球周回軌道に留まらず、月軌道を起点として広がっていくことが予想されています。
一方で、これらの活動に必要な衛星地上局インフラは世界的に見ても決して十分に整備されているとは言えない状況です。このような潮流および現状を鑑み、本事業では、福井工業大学衛星地上局を「地球周回軌道から月軌道までをカバーする」地上局として再整備し、人類の宇宙活動の発展に貢献することを目的とします。

ふくいPHOENIXハイパープロジェクト
宇宙研究推進本部
宇宙研究推進本部

1大学・民間では国内唯一の月軌道までの衛星運用が可能な衛星地上局の構築

大学・民間では国内唯一の月軌道までの衛星運用が可能な衛星地上局の構築

月軌道までの衛星との通信を可能とするため、より高性能な口径16.5mパラボラアンテナシステムを新規整備します。アンテナ本体の大口径化および高能率化等により、衛星からの信号を受信する機能だけでなく、信号を送信する機能、さらには軌道を決定する機能も備え、月軌道までの探査衛星の運用全般を可能とします。このような機能を有する衛星地上局は大学・民間では国内唯一です。システムの開発および性能実証はJAXAとの共同研究によって実施します。性能実証は、2021年に打ち上げ予定の地球−月ラグランジュ点探査衛星「エクレウス」の運用に参画し行います。その後、国内のみならず世界中の人工衛星の運用への貢献を目指します。

2地球周回衛星の運用基盤の構築

地球周回衛星の運用基盤の構築

同時に、地球周回衛星の運用を目的とする口径3.7mパラボラアンテナによる衛星運用システムを新規に整備します。このシステムも、衛星からの信号を受信する機能と、衛星へ信号を送信する機能を備え、衛星の運用全般を可能とします。現在、2021年度の打ち上げを目標とし準備を進めている福井工大衛星「FUT-SAT」の運用における使用を予定しています。さらに今後、様々な地球周回超小型衛星の運用について、県内企業を産官学連携で支援します。口径16.5mパラボラアンテナシステムと併せて、国内外の様々な地球周回衛星運用への貢献を目指します。

3衛星データおよび衛星地上局を活用した環境計測・保全や産業振興への貢献

本学衛星地上局で受信する多様な衛星データの活用を通して、環境の保全や地域の産業振興に貢献することを目指します。具体的には、AI&IoTセンターの枠組みにおいて、福井の豊かな海洋・湖沼・植生環境や美しい星空の保全から、宇宙環境の計測・月資源探査への貢献を通した宇宙産業発展への貢献を目指します。

衛星データおよび衛星地上局を活用した環境計測・保全や産業振興への貢献
衛星データおよび衛星地上局を活用した環境計測・保全や産業振興への貢献

4人材育成を通した地域貢献

福井工業大学および大学院の教育課程において、学生と共にプロジェクトを推進していくことを通して、福井県の次世代を担う人材を育成します。JAXAおよび小型衛星の打ち上げを目指す国内外の大学との連携プロジェクトに参加することにより、高い教育効果が期待できます。また積極的に情報発信を行い若い世代の夢を育むことで、福井県のさらなる活性化に貢献します。

人材育成を通した地域貢献
人材育成を通した地域貢献
pagetop
Copyright © Fukui University of Technology, All Rights Resereved.