研究室紹介

機械に生じる複雑な振動の解明

山下 清隆 教授/博士(工学)
機械システムを構成する各要素には、流体力・電磁気力などが作用し、複雑な振動が生じます。
配管系の振動問題やパンタグラフの離線現象はこのような複雑な振動の一例です。安全で高効率な機械システムの構築には、複雑な振動の本質的な解明が必要で、そのための研究を行っています。
【研究テーマ】
●内部流に起因した弾性送水管
 の非線形横振動
●剛体架線パンタグラフ系の
 衝突振動 など
【教育研究業績情報】