研究室紹介

騙すAI・見破るAI

馬場口 登 教授/工学博士
フェイクメディア(本物に限りなく近いが本物ではないメディア、世論操作などを目的として意図的に制作したメディアなど)がサイバー空間に出現し、社会に悪影響を与えつつあります。マルチメディア情報処理を基に、フェイクメディアを生成、検出するAIの実現を目指します。
【研究テーマ】
●フェイクメディアの生成と検出
●知能マルチメディア処理(構造化・ 内容解析・編集・要約・適応化)