研究室紹介

プロテオミクス解析で明らかになったダイズの冠水ストレス応答機構

環境ストレス下の作物の耐性機構の解明

小松 節子 教授/博士(薬学)
作物は常に環境ストレスにさらされており、生命現象は、たくさんのタンパク質によって精巧に制御されています。そのタンパク質群を解析することにより、ストレスに強い作物や機能性成分を蓄積した作物を作出することができます。緑の多い環境や豊かな食生活をめざして、研究しています。
【研究テーマ】
●環境ストレス下の作物の応答および耐性機構の解明
●作物における機能性成分の挙動および蓄積機構の解明
【教育研究業績情報】