研究室紹介

有機EL発光

太陽光やレーザーの光化学で環境保全

原 道寛 教授/博士(工学)
光を用いた化学の研究を行っています。キーワードは「レーザー」「有機系太陽電池」「有機EL」です。SDGs7番「エネルギーをみんなに、そしてクリーンに」。12番「つくる責任、つかう責任」が対象で、「エコデバイス自身がエコでないといけない」を念頭に研究を実施しています。
【研究テーマ】
●マルチレーザー光を用いた有機分子の光イオン化および光制御
●有機EL・色素増感太陽電池の作製と評価
【教育研究業績情報】