研究室紹介

高感度化のためにシールドを装着したICP発光分光分析装置

新たな環境分析装置の開発に挑む

田中 智一 教授/博士(工学)
SDGs目標6にあるように、有害な化学物質の放出を最小化し、世界的規模で水質を改善することが求められています。本研究室では、少しでも安全・安心な水の供給につながるように、環境分析のための装置や方法の開発を通して環境水中の微量有害金属の迅速で高感度な分析に取り組んでいます。
【研究テーマ】
●環境分析のための装置開発
●環境水中の微量有害物質の迅速・高感度分析
●凝集剤を用いる水質浄化
【教育研究業績情報】