研究室紹介

化学処理および磁気力を利用した放射性クラッドの除去

三島 史人 教授/博士(工学)
設備の老朽化や安全性への問題を抱える原子力プラントについての廃炉作業が進む中、事故により放出された放射性物質のほか、廃炉作業にともなう放射性廃棄物の回収技術の向上が求められています。廃棄物の磁気特性に着目し、磁気力を用いて分離回収する手法の研究開発を行っています。
【研究テーマ】
●磁気力を利用した
 放射性クラッド除去
●磁気力を利用した
 有価資源の回収 など
【教育研究業績情報】