研究室紹介

放射性廃棄物処理の新技術開発

砂川 武義 教授/博士(工学)
高気圧マイクロ波放電装置により生成したアルゴンプラズマを用いて、原子力発電所プラントの廃炉により生じる廃棄物や東京電力福島第一原子力発電所事故で放出され、土壌などに蓄積した放射性セシウムやヨウ素を安全かつ容易に分離および捕集する技術の研究開発を行っています。
【研究テーマ】
●プラズマによる放射性物質捕集
●高分子材料の経年劣化測定
 技術開発
●ゲル線量計開発 など
【教育研究業績情報】