研究室紹介

地震に備え、地震に強い都市をめざす

宮本 裕司 教授/博士(工学)
巨大地震は必ず起こります。地震に強い都市をめざすためには、都市を構成する一つひとつの建造物や社会インフラを、いかに被害から守るかが重要です。研究室では予測した地震の揺れによって構造物がどのように揺れるかを解析し、都市・地域の耐震化を高める技術を開発しています。
【研究テーマ】
●地盤・基礎・建物の揺れのシミュレーション解析
●基礎地盤の高度耐震解析モデルの構築 など
【教育研究業績情報】