福井工業大学 Fukui University of Technology

  • 受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 企業の方へ

機械工学科

コース紹介

実社会でモノを設計する際に必要なあらゆる産業分野の基礎を身につける。

機械システムコース

省エネ、地球環境、健康、ITなどの視点から機械工学の中でも根幹にあたる領域を学び、幅広い分野で応用可能な設計の基礎となる知識を修得。
産業分野で活かせる技術を身につけます。

実社会で応用できる技術を学ぶ。
社会でモノを設計する際に必要とされる基礎を徹底的に学ぶことで、幅広い分野で応用できる能力を育成することが特長。機械設計や製図、制御などのさまざまな専門知識を蓄え、多彩な実験を通して確かな創造力を身につけた技術者を育成します。
より高度なものづくり精神を備えたエンジニアへ。
機械材料や機械加工を専門とする教員がおり、高い加工技術を身につけることが可能です。ただ図面を描くだけではなく、計算や材料力学に基づく専門知識に裏づけられた設計を身につけることで、より高いレベルの機械工学技術者へと成長することができます。

講義内容を応用できる実験・設計・製図の授業

機械を設計する上で必要な力学、材料および加工法について勉強します。
このような講義で学んだ知識を実際の問題に応用する上で、実験や設計・製図の授業が多く開講されています。設計・製図の授業では、コンピュータを用いて機械の基礎的な部品であるフランジなどの3次元設計(3D-CAD)を行います。また、3年次より開講される創造科学の授業を通じて、それまでに学んだ力学、設計製図の知識を応用し、これまでに無い新たな物を創造する力や、現象の本質を見抜く洞察力、エンジニアとして活躍できる総合力を培います。

機械工学をベースにした未来の車づくりの基礎を学ぶ。

自動車システムコース

日本の代表的産業である自動車産業。
安全性の向上や環境への配慮など、先端技術を搭載した次世代の自動車が登場している革新的分野において、活躍できる専門知識と技術の修得に重点を置いています。

まずは二級自動車整備士の資格を取得。
機械実験製図や材料力学などの機械工学をベースに、自動車工学や自動車整備などの専門知識を習得するため、直に自動車に触れる実習を多く組んでいます。まずは所定の科目を履修することで、二級自動車整備士の受験資格を取得します。
未来の自動車づくりをリードする人材へ。
自動車の変化に伴って必要となってきている電気・電子・科学などの知識も幅広く学び、応用力を養成。学生が中心となり自動車をつくり競い合う「学生フォーミュラ」への参加も推進し、トライアル&エラーを繰り返し、成功する喜びを実感できる学びを提供しています。

現代社会が求める自動車の知識と技術を修得

近年、自動車には高い安全性や経済性、環境対策などが求められており、この社会が求める自動車の設計、開発、整備など自動車に関する幅広い知識と技術を修得できるカリキュラムを用意しています。また機械工学の基礎・専門知識をベースに、自動車工学や自動車材料、カーエレクトロニクスなど、自動車の専門的な知識が修得できます。
1年次から4年次まで各年次にある実験・実習では、エンジンなどの基本的な部品の構造から最新のハイブリッドカーの仕組みまでを実際に触れながら学習することで、自動車整備に関する知識と技術を身につけることも可能です。

機械工学科トップ

注目情報

  • 学科紹介ムービー
  • クラブ活動状況
  • 受験生ナビ
  • 資料請求
  • 熱中時間
  • 公開講座 -未来塾-
  • みさきち
  • クラブ活動
  • 学生ポータル
  • facebookページ紹介
  • facebookページ紹介
  • LINE@
  • Youtube
  • Instagram