福井工業大学 Fukui University of Technology

  • 受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 企業の方へ

原子力技術応用工学科

コース紹介

高い倫理観と原子力の専門知識を学び、次世代原子力技術の発展を担う技術者を育成する。

原子力工学コース

数学、物理、化学、放射線などの基礎知識を身につけたうえで、原子力技術の専門知識などを修得します。
多彩な教育陣や充実した教育設備、学外研修や原子力発電所等での体験学習などを通して、現場型の原子力技術を体得します。

徹底した少人数教育で、最先端の原子力技術を学ぶ。
徹底した少人数教育で、原子力技術について正しく教授すると共に、倫理観やコミュニケーション能力の育成をサポートします。また、産学官のスペシャリストが原子力技術や放射線に関する業務に必要な資格取得をバックアップします。
高い就職率で、信頼される技術者へ。
原子力技術応用工学科は、社会に直結した学びと研究を実施しているため、学科設置以来、極めて高い就職率を達成しています。原子力発電は、今回の試練を乗り越え、東南アジアや中東地域に進出するなど産業として成長している分野です。

原子力エネルギーを中心に幅広い学びを展開

原子力エネルギーを中心に学んでいます。電気・電子から機械、放射線といった基礎知識に加え、原子力技術の専門分野として、原子核反応学、原子力プラント工学、材料科学、核燃料工学、原子力ロボット工学、バックエンド工学から原子力倫理、原子力社会学まで幅広く学んでいます。さらにプラント運転シミュレータを使った実習などを行っています。また、福島第一原発事故の教訓から、高放射線区域の線量測定のための緊急時放射線モニタリングロボット(上記写真)を研究開発しています。階段を作製し、ロボットの昇降性能等を確認し、改善点を見つけます。

社会が望む、放射線応用の専門知識を身につけたスペシャリストを育成する。

放射線応用コース

生物、化学、物理などの基礎知識を身につけたうえで、放射線応用の専門知識などを修得します。
様々な専門分野の教員による、楽しい講義、実験実習を通して、産業界に貢献できるユニークな人材育成をめざします。

放射線を利用した工業、農業、医療に関する最先端の専門的知識を学ぶ。
なぜ輪ゴムはすぐに切れてしまうのに、車のタイヤは長い間使用できるのか?病院で使用される注射器は安全なのか?この答えはすべて「放射線応用」により説明されます。タイヤへ放射線を照射すると強度が増し、注射器に照射すると滅菌されます。放射線応用コースは、放射線を利用した工業、農業、医療に関する最先端の専門的知識を講義を通して学びます。
講義や実験実習を通して見えないものを観る力を養う。
放射線は、分析や非破壊検査等に我々の身の周りで非常に幅広く利用されています。本学科は放射線照射実験や非破壊検査実験などの実験実習を通して、放射線の持つエネルギーやそれに伴う透過力を利用して、肉眼では見えない世界を観察し、理解する力を養います。ここで養われた力は、産業界における放射線利用の分野で非常に役立つものです。

放射線の基礎知識から放射線応用の専門分野まで

放射線系を中心に学んでいます。放射線化学、生物学、物理といった基礎知識に加え、放射線応用の専門分野として放射線照射工学、非破壊検査技術、環境モニタリング工学、放射線応用工学、放射線人体影響学など幅広く学んでいきます。上記写真のように授業で小型電子線加速器やプラズマ発生装置を用いて、植物への放射線照射や放射性物質の捕集技術など放射線応用に繋がる様々な実験を行っています。放射線は工業、農業、医療など幅広い分野に利用されています。

原子力技術応用工学科トップ

注目情報

  • インターネット出願
  • クラブ活動状況
  • 受験生ナビ
  • 資料請求
  • 熱中時間
  • 公開講座 -未来塾-
  • クラブ活動
  • 学生ポータル
  • facebookページ紹介
  • facebookページ紹介
  • LINE@
  • Youtube
  • Instagram