福井工業大学 Fukui University of Technology

  • 受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 企業の方へ

軽自動車耐久プロジェクト

軽自動車をレースマシンに改造、サーキットで安全にスリルを楽しむ

自動車好きのメンバーが集まる「軽自動車耐久プロジェクト」。HONDA トゥデイ(軽自動車)をベースに、シート・内装を外し、パーツやサスペンションを交換、耐久性向上のためにロールケージを作るなど、メンバー自身の手でマシンを改造。福井市のタカスサーキットで年4回開催される軽自動車対象の『TAKASU K4 SERIES』に出場しています。軽自動車のみの走行会で、規程周回数もしくは規定時間内の周回数で走行順位を競います。「急ブレーキの際にかかるGがかなりスゴイ」というように、レースでは、時速120kmからブレーキングを行うなど公道とは異なる運転技術が必要。メンバーは、レースに参加し経験を積むことで運転技術のレベルアップを図っています。同プロジェクトの魅力は、ズバリ「車をいじることができること、そしてサーキットで安全にスリルを楽しめること」。
3年目を迎え、度重なるレースでトランスミッションやギアの調子が落ちるなど、マシンの状態が悪化。今年は、次年度のレースに向け本格的な整備に取りかかる予定。「機械工学科の技術を借りて、さらにパワーアップしたい」と整備技術の向上にも意欲的。メンバーの情熱でマシンもますます進化していくに違いない。

VOICE

学生の声
実際の車を改造するという現実的な作業が魅力。授業では学べない技術も習得することができますし、メンバーでいろんな意見やアイデアを出しながら、レースマシンを完成させていく充実感もあります。なによりサーキットでスピードを気にせず思う存分走るときの緊張感と達成感は最高です。車やレースに興味がある人は、ぜひチャレンジしてみてください。

注目情報

  • ふくい PHOENIX PROJECT
  • 教員免許状更新講習
  • 受験生ナビ
  • 資料請求
  • 熱中時間
  • 公開講座 -未来塾-
  • クラブ活動
  • 学生ポータル
  • facebookページ紹介
  • facebookページ紹介
  • LINE@
  • Youtube