在学生対象の奨学金

奨学金制度(平成28年4月以降入学者向け)

特待生奨学金 (該当学期を適用)

学納金50%減免

対象 学部2年次以上及び大学院博士前期課程
条件 (学部・大学院)前学期までの成績GPA評価3.80以上
※博士前期課程1年生前期:学部の成績それ以降は前学期の成績
申請期間 前期・後期(年2回半期ごと)

育英奨学金 (該当年度を適用。前期なら前後期・後期なら後期のみ)

(第1種)学納金70万円減免
(第2種)学納金50万円減免
(第3種)学納金30万円減免

対象 学部2年次以上及び大学院全学年
条件 採用基準の点数に応じて減免金額を決定する
※博士前期課程1年生前期:学部の成績 ※博士後期課程:博士前期課程の成績

兄弟学費減免奨学金 (該当年度を適用)

学納金50%減免

対象 本学園に兄弟(姉妹を含む)で在籍している、最年少にあたる学生
条件 本学園に兄弟(姉妹を含む)で在籍していること
条件 毎年4月

特別奨励金

本学の指定する資格の取得もしくはクラブ等で優秀な成績を修めた場合、その成績・取得資格に応じて奨励金が支給されます。

対象 学部、大学院全学年
条件 取得した資格、修めた大会成績による

スポーツ特待生奨学金

本学在学中に所属するクラブ活動において優秀な大会成績を修めた学生又は入学予定者の中で特に優秀であると本学強化クラブ顧問から奨学生として推薦された学生を対象に学納金等が減免されます。

対象 スポーツ・吹奏楽推薦入試による入学予定者及び学部、大学院全学年
条件 原則4年間(但し、毎年度末に継続審査有り)

災害特別奨学金 (該当年度を適用)

自然災害等により人的・物的被害を受けた学生を対象として学納金等の減免または災害援助金が支給されます。

対象 入学予定者及び学部、大学院全学年
条件 被害状況による

私費外国人留学生奨学金

経済的理由により就学が困難であり、本学での学習意欲を持つ私費留学生を対象に国立大学標準額と本学学納金との差額が免除されます。

対象 本学指定の入試区分による入学予定者または本学の学部もしくは大学院に在籍する学生
条件 「留学」の在留資格を有する留学生で国費外国人留学生及び外国政府の派遣する留学生以外の学生原則4年間(但し、毎年度末に継続審査有り)

私費外国人留学生生活奨学金 (該当年度を適用)

月額3万円給付
私費留学生で成績が特に優秀であるものに対して月額3万円を給付します。

対象 学部1年次後期以上又は大学院の全学年の私費留学生
※他大学又は社会人等から大学院に入学したものについては大学院2年次から
条件 (学部・大学院)前学期までの成績GPA評価3.50以上
※博士前期課程1年生前期:学部の成績 ※博士後期課程:博士前期課程の成績

外国留学奨励奨学金 (留学期間を適用)

交換留学生又は認定留学生に対して、本学学納金の50%を限度として、渡航費及び生活補助費が給付されます。ただし、留学先大学において一部または全額の学費を負担しなければならない場合には、本学学納金の50%を限度として、留学先大学において負担する学費の額が給付されます。

対象 学部2年次以上及び大学院全学年
条件 交換留学生又は認定留学生として認められた学生

学習奨励金(該当学期を適用)

奨励金5万円給付

対象 学部2年次以上
条件 前学期の学業成績GPA3.80以上、前学期の修得単位15単位以上
申請期間 前期・後期(年2回半期ごと)

離島・沖縄県出身者支援奨学金

離島振興法および沖縄振興特別措置法の理念に基づき、当該地域出身者の教育振興に貢献することを目的に、国立大学標準額と本学学納金との差額が減免されます。

対象 入学予定者
条件 原則4年間(但し、毎年度末に継続審査有り)