工学研究科 アドミッション・ポリシー、組織

アドミッション・ポリシー

福井工業大学(以下、「本学」という。)大学院工学研究科(以下、「工学研究科」という。)は、応用理工学専攻と社会システム学専攻の2専攻で構成され、それぞれの専攻に博士前期課程(標準修業年限2年)と博士後期課程(同3年)からなる博士課程が置かれている。各専攻には複数のコースが設けられ、博士前期課程では主として高度専門職技術者の養成、博士後期課程では主として研究者の養成に重点を置いている。工学研究科では、学校法人金井学園の「建学の精神」および本学の「教育方針」に則り、専攻・課程のディプロマ・ポリシー(修了認定・学位授与の方針)に定めた学修目標と人材育成を達成できる潜在的な能力を有した学生を求めて、コース毎にアドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)を定めている。工学研究科では、推薦選抜、一般選抜、社会人選抜など複数の方式の選抜を実施してアドミッション・ポリシーにふさわしい多様な人材を受け入れる。工学研究科の特色ある教育研究を通して、21世紀の知識基盤社会において国内外で活躍し、人類社会の福祉と発展に貢献することのできる人材を育成する。

福井工業大学工学研究科 組織

福井工業大学工学研究科 組織
個別相談会予約受付
個別相談会のご予約はこちらからお申し込みください。
個別相談会予約受付
デジタルパンフレット
福井工業大学の大学案内パンフレットをオンラインでチェックできます。
デジタルパンフレット
資料請求
大学案内パンフレット・入試ガイドなどを無料でお送りします。
資料請求