平成27年4月からの福井工業大学の
3学部8学科体制について

1. 経緯

本学では、平成27年4月以降の学部・学科の改組再編につきまして、将来の大学の発展を目標に、約2年間、学部学科設置準備室を中心に、学部・学科の見直しに取り組んでまいりましたが、このほど名称変更、設置認可申請等の必要書類を文部科学省へ提出しました。その概略は、以下のとおりです。

  1. 現行1学部8学科体制を複数学部に再編する。
  2. 入学定員(500人)、収容定員(2000人)は変更しない。
  3. 大学名は従前のとおり、福井工業大学とする。

尚、平成26年10月31日付けで、文部科学省から認可書が交付されました。

2. 改組再編後の学部・学科

再編図

3. 在学生への対応

  1. 平成26年4月迄に入学された在学生の皆様には、入学時の“学生便覧”のとおりの教育課程に基づいて卒業までの修学条件に何ら変更はありません。入学時の所属の学部・学科名も変更ありません。
  2. 各学科在学生の皆様の修学支援や就職支援については、変わることなく誠意をもって取り組んでまいります。学納金についても入学時の金額から変更はありません。また、卒業後の諸証明書の発行をはじめとしたアフターケアについても、従来のとおり対応いたします。

4. 名称変更等の主な理由

  1. 「電気電子情報工学科」を「電気電子工学科」へ、「建築生活環境学科」を「建築土木工学科」へ
    名称変更の主な理由は、

    ① わかりやすいこと 
    ② 学習内容などが想像しやすいこと
    ③ 受験生、保護者、高校教員、就職先企業等に理解されやすいこと

    などがあげられます。

  2. 環境情報学部は、従来の環境生命化学科、経営情報学科とデザイン学科の3学科を設置する学部として開設されます。このうち、環境・食品科学科は、環境生命化学科を母体として、環境の浄化の保全、食料の安定的確保、食品の安全・安心などの課題解決を目指します。
  3. スポーツ健康科学部は、従来の産業ビジネス学科を母体として、教育、競技、健康にまたがる諸学科の総合的な教育研究を通して、スポーツや健康を科学的に研究し、科学的な方法に基づくスポーツや心身の健康に関する専門的な知識や技術を身につけることを目的としています。