環境食品応用化学科

光触媒で浄化!!表面修飾された光触媒ナノ粒子の研究。竹下研究室

環境情報学部 環境食品応用化学科 竹下研究室



 
 シミュレーションを使い酸化チタンの表面上の現状を解明に取り組んでいます。
 色素に光を当てた場合の電子の移動などをイメージ化し、最適化を行っています。


 

<ニュース>

項目 Item
日付 Date
タイトル Title etc.
出版社 Publisher/開催場所 Place
参加学生 Students/対象 Targets
論文
2020
Computational Study of Cresyl Violet Covalently Attached to the Silane Coupling Agents: Application to TiO2-Based Photocatalysts and Dye-Sensitized Solar Cells
nanomaterials,10巻 10号 (頁 1958 ~ )
竹下 達哉
論文
2020
Effect of cyclodextrin cavity size on the photovoltaic performance of unanchored ruthenium(II) polypyridine complex-containing dye-sensitized solar cells
Journal of Photonics for Energy,10巻 (頁 045503 ~ )
原 道寛、竹下達哉、梅田孝男

研究テーマ


  • 量子化学計算による色素-シランカップリング剤の物性予測

キーワード:酸化チタン、Gaussian、シミュレーション、量子化学計算


Gaussian 09Wを用いて紫外可視吸収スペクトルや分子軌道などの物性を予測

研究室学生構成 (2020年時点)

構成メンバー人数
卒業研究生2名

SDGs



お問い合わせ先

担当
:環境食品応用化学科 主任教授 矢部希見子

新着ニュース