環境・食品科学科

応用理工学専攻 環境生命化学コース 博士課程(前期:修論発表)開催

平成30年度大学院工学研究科 応用理工学専攻 環境生命化学コース 博士前期課程(修論発表)
期日:平成31年2月4日(月)修士論文発表会
場所:修士論文発表会 タワー8階 T-801室

 修士論文発表では2年間の成果のプレゼンテーションが行われました。修士論文発表会では25分間の発表で、先生方からの質問にも適宜対応し、学部生時代を知る先生方からは、その成長ぶりについて、高い評価が出ました。本当にお疲れ様でした。また、ご指導をされた先生方には感謝いたします。また、後輩の大学院生などに良い刺激や姿を見せることができるでしょう。


平成30年度大学院工学研究科 応用理工学専攻環境生命化学コース 博士前期課程(修論発表)開催 
<現・環境・食品科学科の大学院>

博士前期課程 修士論文 上松伯章(原 研究室)

  • シクロデキストリンを用いたピレン誘導体のレーザー光イオン化

博士前期課程 修士論文 宮川佳佑(原 研究室)

  • シクロデキストリン層を用いた色素増感太陽電池の作製と評価

博士前期課程 修士論文 田中大智(蔵田 研究室)

  • フェナンスレン骨格を有するシアノスチルベン誘導体の合成・構造・物性

博士前期課程 修士論文 竹内義裕(蔵田 研究室);別日に発表済み

  • ベンゾ縮環サリチリデンアニリン誘導体の特異な固体発光性

博士前期課程 修士論文 野坂友滋(蔵田 研究室)

  • π拡張シアノスチルベン類の合成と物性

お問い合わせ先

担当
:環境・食品科学科 主任教授 矢部希見子

新着ニュース