環境・食品科学科

そばチュロスの商品提案

武生製麺での新商品提案(そばチュロス)


 環境・食品科学科では、学生の一部が“そば”のすばらしさを県内外の皆さんにアピールしたいとそばを原料とした新商品の開発に取り組んできました。1月27日(土)には、3年生4名が株式会社武生製麺に対してそばを原料にしたチュロス2種類(プレーンタイプ、トッピングタイプ、写真参照)を商品として提案しました。試作品を試食してもらい感想を尋ねたところ、「そばの風味もあり、おいしい。商品化の可能性もある。」との高い評価をもらいました。

 ただし、商品にするには販売価格に見合う原料費にする必要があります。また、おいしいだけではお客様は商品を買ってはくれません。配合や売り方を検討しながら、ゴールデンウイークでの新発売を目指すことになりました。

参加学生:早期研究室配属で大能研究室に所属する環境・食品科学科の3年生4名
対応教員:大能准教授

【平成29年度 早期研究室配属】

メディア:福井新聞・毎日新聞 2018.1.28朝刊 掲載


お問い合わせ先

担当
:環境・食品科学科 主任教授 矢部希見子

新着ニュース