福井工業大学 Fukui University of Technology

  • 受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 企業の方へ

原子力技術応用工学科

原子力災害発生時の原子力発電所周辺への影響研修を行いました

 平成30年10月12日(金)~12月7日(金)期間6回に分け、原子力技術応用工学科 中安文男客員教授における「原子力災害発生時の原子力発電所周辺への影響」の授業を、2年生を対象とし研修を行いました。
 この研修は、平成28(2016)年度から5年間、原子力規制委員会の補助を得て行っている「コンプライアンス意識を持つ、GLOCALな原子力人材育成」事業の一環として、実施されました。
原子力発電所における重大な事故時に、炉心の損傷や予測をすることは可能であるが、原子力発電所周辺への影響は、核分裂生成物の放出のタイミング、気象条件等に大きく左右されるから予測困難である、などの詳しい解説がありました。
 受講した学生からは、「福島事故後に避難した人が亡くなった原因も分かり、事故が起こったところから5Km圏外は避難では屋内退避すべきということが分かった。」「原子炉事故による影響、重大事故時の被ばく線量について学べた。」という意見がありました。


お問い合わせ先

担当
:原子力技術応用工学科

新着ニュース

注目情報

  • インターネット出願
  • 受験生ナビ
  • 学科紹介ムービー
  • 資料請求
  • 熱中時間
  • 公開講座 -未来塾-
  • みさきち
  • 学生ポータル
  • facebookページ紹介
  • facebookページ紹介
  • LINE@
  • Youtube
  • Instagram