原子力技術応用工学科

「国際原子力機関などの活動」の授業を実施しました

7月6日(木)1限目、下村 和生氏(前OECD原子力機関(NEA)事務次長)による「国際原子力機関などの活動」1回目の授業が開講されました。
この授業は、平成28年度、原子力規制庁に採択された「コンプライアンス意識を持つ、GLOCALな原子力人材育成事業」の一環として実施されました。
「原子力平和利用に係る国際的枠組み、並びに原子力安全・セキュリティの強化」をテーマとして、原子力安全と原子力規制の強化に果たす国際原子力機関(IAEA)の役割ついて詳しく解説していただき、国際機関などにおける経験などもお話しいただきました。
受講した学生からは「原子力安全性は100%ではないが、100%に近付けることはできる。そのために厳密な条約等、国際機関との連携が大切と思った。」といった感想が聞かれました。 


お問い合わせ先

担当
:原子力技術応用工学科

新着ニュース