研究室紹介

構造・機能先進材料の基礎物生と応用

掛下 知行 教授/理学博士
材料の機能発現(強度・じん性、電気・磁気特性等)・組織制御の根幹となる基礎研究を推し進めるため、温度・応力のみならず強磁場、高圧力の外場を新たに加えることで得られる情報に対して多次元的現象解釈や電子論的解釈を行っています。それらの結果をもとに、材料科学の未解決な問題の解明と、新規材料の創製を行っています。
【研究テーマ】
●極限状態下(強磁場・高圧力)のマルテンサイト変態や拡散変態
●マルテンサイト変態のカイネティクスならびに巨大ひずみと臨界点
●d電子系セラミックス(マンガナイト)・f電子系金属間化合物(DyCu、DyAg)の磁性と電気伝導特性
●相安定性の電子論的解釈
【教育研究業績情報】