研究室紹介

情報共有の数理モデル

谷垣 宏一 教授/博士(国際情報通信学)
私たちのことばや行動は、目に見えない内部構造・外部構造に満ちています。さまざまな構造の類似性に基づいて私たちが情報を意味づけ、意図を合理的に解釈する仕組みのモデル化に取り組んでいます。また、そのようなモデルに基づいて情報の抽出や生成、意思決定を支援する技術の研究を推進しています。
【研究テーマ】
●意味の分散表現と構成性のモデル
●多義性解消、エンティティ・リンキング
●文書、時系列データ・クラスタリング
【教育研究業績情報】