研究室紹介

多レーザーによる光反応(上)、色素増感太陽電池(下)

太陽光やレーザー光で環境保全

原 道寛 教授/博士(工学)
機能性食品などを用いて環境汚染物質の光分解や再生可能エネルギーで注目の有機系エレクトロニクスデバイスである太陽電池の作製の研究を行っています。
【研究テーマ】
●多色多レーザー光を用いた有機分子の光イオン化および光制御  
●シクロデキストリンを用いた色素増感太陽電池の作製と評価
【教育研究業績情報】