研究室紹介

雨水活用装置を用いた都市型洪水緩和システムモデル

雨水活用による環境配慮型社会の構築

笠井 利浩 教授/博士(工学)
現在、持続可能な社会構築に向けた取り組みの重要性が増しています。本研究では、雨水活用による日常的な水資源の研究や活用方法の開発に取り組んでいます。
【研究テーマ】
●水資源の確保と減災を目的とした雨水活用システムの開発
●ライフサイクル思考に基づく環境教育プログラムの開発
【教育研究業績情報】