研究室紹介

高度5kmまでの風速を計測する大気レーダー

リモートセンシングによる環境計測

中城 智之 教授/博士(理学)
あわらキャンパスには大気レーダーや電波干渉計などの大型観測施設が設置されています。これらの観測装置を用いて,高度数㎞の大気から距離6億km先の宇宙空間まで,幅広く環境計測を行っています。
【研究テーマ】
●大気レーダーを用いた局地循環の観測
●電波干渉計による雷および木星オーロラ電波の観測
●気象センサによる地表面付近の環境計測
【教育研究業績情報】