研究室紹介

レーザープラズマの応用

西村 博明 教授/工学博士
高出力レーザーにより生成されたプラズマは、核融合エネルギー開発や高エネルギー粒子加速、X線源や中性子源として、科学技術から産業応用まで広がりを見せています。そこで、高出力レーザーで生成した高密度プラズマから放射される光や粒子に着目し、その発生機構を調査。実用化を目指し、プラズマの高性能化をはかる研究を行っています。
【研究テーマ】
●核融合プラズマの計測・診断
●レーザー駆動中性子源の開発
●レーザープラズマX線源の開発
【教育研究業績情報】